メディアセンター

ニュースセンター
前回風景
电子期刊
マスメディア
メディア登録

展示会ニュース

第四回中国国際シルバー産業博覧会-日本プレゼンテーション会円満に成功

2017.02.15

2017年2月15日、第四回中国国際シルバー産業博覧会(以下「シルバー博」という)-日本プレゼンテーション会は、ハイアット リージェンシー大阪で開催されました。

1.jpg

保利地産(集団)股份有限公司の監査役会会長、広州市保利錦漢展覧有限公司の取締役会長付俊氏、日本貿易振興機構(Jetro)サービス産業部ヘルスケア産業課課長佐藤拓氏、国際統合リハビリテーション協会副會長齊藤氏、香港貿易発展局大阪事務所代表 馮政淼氏、保利物業発展股份有限公司総経理黎家河氏、広州市保利錦漢展覧有限公司総経理蔡東翔氏、保利物業発展股份有限公司副総経理趙広峰氏など来賓がプレゼンテーション会に出席しました。また、日本大阪商工会議所など数十社業界の商協会、日本のTOTO、Panasonic、安井設計、和沐、元気など50社余りの出展企業の代表及日本関西JWPメディア、日本財経週刊、関西華文時報10社余りの日本のメディアが出席し、現場で空席がなく、商談が活発に行われました。

2.jpg

保利地産(集団)股份有限公司の監査役会会長、広州市保利錦漢展覧有限公司董事長Ms.付俊が最初に歓迎の言葉を言いました。 彼女は、中国養老産業のスタートは遅れましたが、強い市場ニーズと国家政策のサポートのお陰で、業界のゴールド発展期が既に来て、中日両国は必ずより広い、深い提携チャンスを迎えられ、互恵関係の実現に促進しようと発言しました。


3.jpg

日本貿易振興機構(Jetro)サービス産業部ヘルスケア産業課課長佐藤拓氏は、中国養老産業が急速に発展し、現時点は中国高齢化市場を開拓する最善の機会であり、第四回シルバー博は日本企業が中国市場に進出するためのベストかけ橋であります。日本貿易振興機構はシルバー博に参加しようとする日本企業に、強力な支援と協力を提供すると述べました。


4.jpg

保利物業発展股份有限公司副総経理趙広峰氏より、保利地産が養老分野においでの戦略配置と措置を紹介しました。彼女は、「保利地産は既に健康養老事業を会社の戦略発展方向として、積極的に約100万世帯の不動産所有者に全ライフサイクルの生活ニーズをサービスし、機構、社区、在宅の“三位一体”の養老タイプを作り、健康管理と養老サービスを結び付けることによって、全産業チェーンの構築を展開することにしています。」と述べました。


5.jpg

広州市保利錦漢展覧有限公司総経理蔡東翔氏が本回の展示会の特徴を紹介しました。第四回シルバー博では四つの特徴が現れます。その一、展示エリア最適化・高度化され、補助具産業のモチベーションを注入されました。その二、ブランド効果がはっきりと現れ、良質バイヤー大勢集まります。シルバー博は民政系統、衛生及び身連系統、養老産業開発と投資、高齢者用品販売代理業者など多次元分野の有力バイヤーが集まります。出展者はシルバー博に頼り、ビジネスチャネルのアップグレードを実現し、ブランド価値と市場シェアーを強化し、新しいビジネスチャンスを拡大できます。その三、業界のホットスポットに影響を与えられる複数の国際的なテーマフォーラムを行い、同期に"1対1"の調達マッチング商談会を開催します。その四、全面、多角度的な普及促進より、“全メディア”に公開を最大限に達成し、中国市場を開拓するための国際ブランドを支援します。同時に、中国健康養老市場の大きな潜在力から考えて、保利錦漢は、2017年9月13日~15日に北京国家会議センターで、世界第3位の福祉展-中国国際福祉博覧会を開催する予定です。北京、広州における南北の2大展示会の連動により、中国の健康養老産業市場の資源をさらなる統合できます。


6.jpg

中国最大規模の国際的なシルバー産業イベントとして、シルバー博は日本の多くのリーダー企業と密接な提携関係を確立しました。第三回シルバー博では、日本パビリオンはトップブランドが集まり、注目的に登場され、数多くの有力バイヤーの購入と商談を引き付けました。日本安井建築設計事務所中国CEOである高凱氏は、日本出展者の代表として講演し、中国市場へ進出する成功な経験を熱心に語りました。 彼は、シルバー博は日本企業が中国市場を開拓するために重要な価値があり、出展する効果が顕著であることを述べました。


71.jpg

シルバー博は既に三回も成功に開催され、かつ国内で同類展覧プロジェクトのリードブランドになりました。第四回は11月16-18日に中国広州で開催される予定で、会場面積が3万平米に達し、出展企業が350社であり、専門的な来場者が50,000人に達すると予測しています。現場では、バリアフリー、リハビリケア、養老スマート化、ヘルスケア・養生四大専門テーマの展覧エリアを設置し、全面的に最先端のグローバル養老市場の最新趨勢と技術動向を呈し、中国高齢者産業チェーン発展の全部形態と最新成果をカバーしました。 オーストラリア、日本、香港、台湾など海外出展者が再び登場し、またフランス、オランダなど国から有名企業の出展に引き付けます。


中国国際シルバー産業博覧会は、展覧会の国際化との特徴を継続し、国際商業貿易調達プラットフォームを構築し続け、日本養老企業が中国市場を開拓するための最良の選択肢になります!
リストに戻る »
ホーム > メディアセンター > 展示会ニュース

マスメディア
< >