メディアセンター

ニュースセンター
前回風景
电子期刊
マスメディア
メディア登録

展示会ニュース

IBM-先端技術ロボットを作り スマート養老将来のダークホースは誰?

2017.04.13

高齢者及び介護者を支援するため、去年12月、IBMはライス大学と共同に「IBM多目的高齢者向けプロトタイプロボット」を開発しました。このIBM MERAという名前のロボットは、特別研究開発したWatsonとCameraVitals二つのハイテクを使用し、高齢者のバイタルサインデータの迅速な獲得、健康問題の解答、高齢者転倒判断など機能を持ちます。また、IoTが伝達した大気、運動、オーディオと嗅覚センサーなどデータを介護者に持続的に転送し、高齢者の日常生活の把握に支援し、予防型医療保健措置と個別化介護を提供します。IoT、クラウドコンピューティング、メガデータ、スマートハードウェアなど情報技術の発展は、スマート養老のため、更なる多様化、便利な実行可能性を提供し、養老モデルの革新と進化を促進します。


今年11月、第四回シルバー博の人気エリア――養老スマート化展示エリアでは、今時最も燃え盛っている「IT+スマート養老」のコンセプトを引き続き展示する予定です。中国電信、台湾滙嘉、施耐德、安居宝、優躍達、壹零後、彩虹在線、双佳、頤訊、愛峰、李秘書、安康達、徠康、卡布奇諾、中科慈航など世界トップクラスのスマート養老ブランドが集まり、来場者に話題の高齢者向けスマート製品と技術をもたらします。国内初在宅養老サービス市場向けの総合養老サービスプラットフォーム――小壹秘書Appは、科学技術の力と革新的なモデルで、高齢者にスマート監護、健康管理、クラウドコールセンタなどサービスを展示します。一格の秘書サービス、クラウドプラットフォーム、スマートボックスとAPPは、養老サービス業者と顧客に一体化したスマートハードウェアの解決案を提供することにより、スマート養老生態圏を示します。邁動の「3H+スマート健康生活館」は、在宅、機構、商業養老の高齢者に健康養老体験を提供するため、スマート化在宅養老の新モデルを展示します......


第四回中国国際シルバー産業サミットフォーラムは、引き続きスマート化養老分野を深く注目し、全面的にIT、IoT、メガデータ、クラウドコンピューティング、養老サービス技術などスマート養老の発展と展望を掘り出し、一度の思想と知恵のぶつかる盛会を作り出します。同時に開催されるイベントは、スマート養老産業の人気話題を巡り、将来を見通す最もの眼力で業界最新発展状況、政策、動向を解読します。業界学者、専門家たちは、「IT+養老+サービス――養老新モデル」、「スマート化は在宅養老での運用と発展」、「スマートスリープ3.0時代、安全と健康管理」など最前線の関心事を深く探求し、参加者がスマート養老産業の発展チャンスを洞察にサポートします。


第四回中国国際シルバー産業博覧会は11月16-18日に広州保利世貿博覧館で開催される予定です。今回の規模は30,000平方メートルに達し、350余りの世界ブランド企業が出展すると予想されます。会場では、リハビリ・ケア、養老スマート化、高齢者向け建築、保健養生、高齢者向け生活用品、養老サービスなど専門的な内容を網羅し、中国シルバー産業最も理想的なワンステーション式ビジネス・コミュニケーションプラットフォームを構築します。


リストに戻る »
ホーム > メディアセンター > 展示会ニュース

マスメディア
< >