メディアセンター

ニュースセンター
前回風景
电子期刊
マスメディア
メディア登録

展示会ニュース

スマート化の波はSIC 2017を席巻 新科学技術が晩年生活をライティング

2017.09.26
市場と政策がダブル推進 「インターネット+養老」は大勢の赴くところである

我が国は高齢化の高速発展段階にありますが、養老資源の供給不足、情報技術の応用レベルが割に低く、徐々に増加した養老需要に満足し難いです。インターネットの発展につれ、遠隔医療、健康観測設備、ウェアラブルディバイス、監護設備などスマート養老サービス製品は続々と個人、家庭、社区と機構の養老に利用され、市場の先行きが明るいです。一方、政策面では、今年2月、三部委は「スマート健康養老産業発展の行動計画」を発表し、スマート健康養老産業の加速発展の推進を目指しています。明らかに、モノのインターネット、クラウドコンピューティング、メガデータ、スマートディバイスなど新世帯の情報技術がサポートしたスマート養老は、大勢の赴くところであり、産業発展の余地が大きいです。

スマート化展示エリアは適切な時に送り出され 業界大手が先を争って出展

第四回中国国際シルバー産業博覧会は、養老市場のスマート化、科学技術化の発展傾向に後つき、スマート化展示エリアを注力して開設し、頤訊、三開、電信、一格、壹零後、中科西北星、柏頤、華衛迪特、邁動、優躍達、徠康、中科慈航、中銀、微医、乾函科技、卡布奇諾などスマート養老大手が積極的な参加を引き付けました。その時、家庭、社区、機構など異なる使用環境の養老情報共有プラットフォーム、健康管理とサービスシステム、スマート養老ソリューション、スマートディバイスなど製品に基づき、一斉に展示する予定で、来場者に豊富なインタラクティブ体験を提供し、科学技術の高齢者支援の魅力を経験させます。同時に、健康養老資源の有効的なマッチングと構成の最適化、養老サービスのスマート化の向上を促進するため、スマート化展示エリアでは、「古い」問題と「新しい」科学技術の素晴らしい衝突を十分に演出する予定です。

1.png

現在、スマート養老企業の発展モデルは、主に下記のような内容を含みます:
地方政府にエリア養老情報プラットフォーム、養老機構向けの情報システム及び末端高齢者向けのスマートディバイスを提供します。今回シルバー博のマート化展示エリアでは、ブランドが集まり、各スマート養老企業は積極的に将来の養老ニューモデルを模索しています。

1、エリア養老情報プラットフォーム 政府のプラットフォームの構築に助力

中国電信広東公司は、常にスマート健康養老産業の発展に力を尽くしています。悠々楽康―広東省在宅養老サービスプラットフォームを注力して開設し、それを中心に、運営業者+サービス事業者+小売業者+サービス機構+政府+高齢者及びその子供たち との養老連鎖を構成し、養老サービス生態圏を構築しました。

123.png

2、機構スマート養老 ワンストップサービス管理を実現

頤訊は養老機構管理情報システムの研究開発に注力し、開発したソフト「頤康養老機構管理情報システム」は、養老機構各部門の職責の明確化を効果的に支援し、業務プロセスを適正化することが出来ます。よって、部門間、分院間の提携が実現でき、全面的に経営状況が把握でき、全体的な仕事の効率アップができます。ソフトは国の法規制に適合し、現在中国で、最も多い養老機構が使用している管理ソフトであります。

系统1.png

華衛迪特はスマート養老産業に注力し、業界をリードするブランド「医家通」を作り出しました。機構養老の受付管理、居住管理、個人情報管理、介護管理、ベッド数管理、介護従事者管理、費用設置、課金管理など機能を実現しました。

华卫112.png

3、スマートターミナル 養老サービスを家までつなぐ

柏頤の愛牽掛スマート養老ブランドは、スマートウェアラブルディバイスを始め、安全な100ecareCloudクラウドプラットフォームをキャリアとし、便利なAPPを通じて、個人ユーザーに在宅養老の遠隔ケア及び養老ライトサービスを提供します。

柏煕.png

邁動医療が研究開発したスマート圧力観測マットは、「必要に応じて寝返り」「必要に応じて体拭き」を通じて、物理的な冷却を交え、褥瘡発生率を有効的に低下させることが可能になり、同時に、大幅に介護者の日常的な仕事の負荷も下げられます。また、もう一つの製品---スマートクローズは、関節の動きを監測することができ、監測したデータを療法士に送り、その療法士はリハビリの回復程度により、遠隔調整を行います。当該製品は連盟号飛行船の宇宙飛行士と共に宇宙へ飛び立ったことがあります。

333.png

専門展示エリア、最適化レベルアップされ 業界集合・ウィンウィンをしきりに促す

第四届シルバー博は、市場ニーズにぴったりと後につき、業界の注目点に細心の注意を払い、更に、バリアフリー生活展示エリア、リハビリケア展示エリア、養老スマート化展示エリア、保健養生展示エリアなどエリアの区画を革新・合理化します。そして養老不動産、サービス型ロボット、介護ベッド、弾力性床板四つの専門展示エリアを初めて開設し、集中的に各細分化された分野の最新製品、技術、ソリューションを展示し、業界情報交換、資源シェアができるコミュニケーションプラットフォームを構築し、中国養老産業が力強く発展することを推進します。
リストに戻る »
ホーム>メディアセンター>展示会ニュース

マスメディア
<>