メディアセンター

ニュースセンター
前回風景
电子期刊
マスメディア
メディア登録

展示会ニュース

第四回中国国際シルバー産業博覧会盛大に開幕

2017.11.16

中国老齢産業協会、中国保利集団公司、広東省老齢工作委員会が共催する第三回中国国際シルバー産業博覧会(略称:SICシルバー博)は、今日広州保利世貿博覧館で盛大に開催されました。

01.png

中国最も影響力のある養老博覧会として、今回のシルバー博の規模は22,000平方メートルに達し、オランダ、オーストラリア、日本、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリス、ニュージーランド、台湾、香港など12か国と地域の300社余りの企業が出展し、中に100社余りの海外企業の出展を引きつけました。れから三日間の会期中に、50,000人の来場者が参観・調達すると見込んでいます。

02.png



科学技術との動力を注入 養老新生活をリード

 第四回シルバー博は老齢産業発展の大勢に従い、市場ニーズの焦点を洞察し、国内有名企業と海外トップブランドと連携し、バリアフリー、スマート化、リハビリ介護、養老不動産など健康養老分野の新製品、新技術を展示します。

03.png
04.png
05.png


バリアフリー生活展示エリア

最新の高齢者向けインテリアと水回り用品が来場者の人気を博し、目を引きます。国際トップ水回りブラントTOTOが展示する新製品――全自動ウォッシュレットは、蓋自動開閉、消臭、洗浄など機能を持ち、高齢者にスマート化、快適なトイレを体感させます。養老家具のトップブランド怡和居品が展示する介護ソファーと多機能点滴椅子は、室内環境と家具を有機的に結びつき、更なる医養機能を実現します。世界床材をリードするブランド――アームストロングは、高齢者に安全第一の床を構築するため、部品から設置研修の床一体化ソリューションを展示します。


スマート化展示エリア

高齢者補助用新商品は来場者の目を引き、会場での体験は驚きと喜びを次々ともたらします。安澤智能工程が展示する家事支援ロボットは、C-ロボットアーム技術を融合し、立ち上がり支援、ドア開閉、清掃、家電操作などをサポートでき、在宅養老を更に便利になることを支援できます。艾米ロボットが展示するAMY-A1型家庭用サービスロボットは、スマート音声、安全監視、医療健康など機能を備え、人、機械、ものとの間の連結を実現できます。深セン倍泰が展示する「健康亭」は、健康観測、慢性病の監督クラウド健康管理など機能を一本化にし、専門的なスマート養老ソリューションを提供できます。柏頤科技は、ソフト+ディバイス+プラットフォームの全体養老ソリューションを通して、高齢者、家族、機構との間がしっかりつながることを実現でき、連動サービス生態圏を構成します。


リハビリ介護展示エリア

リハビリ器材、補助具は応用分野が広く、社区在宅、医養機構より強い関心を寄せられています。龍之傑が展示する電動搬送機は、シングルレールスライド式吊り下げポイントで下部のベストとつなぎ、患者の垂直方向の体重を軽減やサポートができ、移動のリスクを下げ、介護の効率を高められます。翔宇医療が展示する多関節受・能動訓練儀、MR治療儀、高圧低周波パルス治療儀など一体化型リハビリ理学療法設備を展示し、患者の各機能回復に有効なソリューションを提供できます。


養老不動産展示エリア

さまざまな養老項目の多元化運営モデルを集めて、来場者に将来の養老生活に対する思いを次から次に浮かばせます。滇池国際養生養老リゾートが構築した「薬、医、養、健、遊」五位一体にわたる健康城は、高齢者のために健康活力養老新方法を開きます。養老ブランド「和熹会」が全国範囲まで設置したに引き続き、保利不動産が社区在宅養老に向けて、ブランドグレードアップをさせ、社区埋め込み式小型機構ブランド「保利和悦会」を売り出しました。米国で有名な養老チェーンブランどCountryPlaceSenior Livingが海外運営経験を地元化させることで、ハイレベルの医療と養老が融合する養老社区を作ります。


国際出展者が集り、養老新商機をシェア

オランダー、オーストラリア、日本、台湾、ホンコンなどの国と地区にわたる展覧団体が世界でトップな養老ブランドを携えて登場し、各国における先進な長期照護、養老体系、デザイン理念と最前線の製品と記述を導入いたしました。フォーチュン・グローバル500の企業として、オランダー皇家フィリップスが脳卒中患者のリハビリ治療に向けて、Efficia SR80 N現場交互動作訓練システムを出すことで、患者体の動く能力と医者の治療効率をレベルアップさせることができます。オーストラリアで一番大きな公立継続教育とトレーニング学院TAFE Queenslandが先進な職業トレーニング経験を導入することで、プロな養老サービス人材を養成いたします。日本でもっとも有名な大型総合建築設計機構である安井建築設計事務所が日本の最高設計レベルの医療、保健、養老施設の企画と設計ケースを導入いたします。ホンコン文化村が高齢者サービス、医療と健康用品など一貫したサービス購買プラットフォームを提供いたします。


06.png

07.png


サミットフォーラム、養老新動向を把握

開幕の当日、「中国高齢産業-品質と効率のレベルアップ中で歩んで行く」をテーマとする2017中国国際高齢産業サミットフォーラムのメインとサブフォーラム開催することで、政府部門、業界専門家及び業界リーダーなどを集めて多次元視角から業界におけるブームな話題を討論し、業界未来発展における新しい趨勢を解読いたしました。フォーラムの現場で、人々が殺到し、ブームな雰囲気で対話しあいました。後の展覧期間に、高齢者リハビリ補助具発展フォーラム、保利和悦会ブランド発表会と高齢者医学学術会議などハイレベル且つプロなフォーラム及び医療養老機構、養老不動産「一対一」調達会が続々と開催され、各細かい領域を深く解析し、精密的にドッキングする、なお効率高く協力することを実現させます。

08.png


後の二日間にもっと大勢な人々に引き付ける見込みで、もっと多くの活動が満場を誘爆いたします。お楽しみに!


リストに戻る »
ホーム>メディアセンター>展示会ニュース

マスメディア
<>